家庭用キャビテーションのメリットとデメリット

家庭用キャビテーション機器には金額は高いものは40万円~安いもので1万円以下のものまであり、性能もエステサロンに近いものから、簡易的なものまでさまざま機種が出ています。さらには機器によって付いている機能も違います。ここでは家庭用キャビテーションは美ルルキャビアップとした場合、エステサロンでのキャビテーション機器を比較したメリットとデメリットについて紹介していきます。
まずはメリットからです。

家庭用キャビテーションのメリット

価格面:エステサロンと比べて費用が断然安い

家庭用キャビテーション機器のイチバンのオススメしている美ルルキャビアップは定期コースで初回24,780円で始められます。
それ以降は、ジェル代金1,780円で継続することが可能です。

 美ルルキャビアップの費用
美ルルキャビアップを定期コースで頼んだ場合
初回で機器代金とジェルの代金で24,780円。
毎月届くジェルの代金が送料込みで2,320円掛かります。
半年後は合計36,380円となります。

エステサロンと比較するとキャビテーションの2~3回分(15,000円/回)で購入できてしまいます。

また、エステサロンはおおよそですが、これだけの費用が必要となります。

 エステサロンに掛かる費用
キャビテーションで1回あたり20,000円程度。
あわせて行うことでより痩せることができる、RF波やリンパマッサージも含めると約30,000円の費用となります。
コースは約10回で約150,000円ほどかかります。

エステの場合は約10回分の費用なので、週1回通うと約2ヶ月半分です。半年間通うと30万以上となってしまいます。

制限がないので毎日でも使用できる

大体のエステサロンでは、キャビテーションで痩せるためには週1回を3ヶ月以上通うことをススメられます。
というのも、期間を集中して行わないとキャビテーションで乳化した脂肪はまた固まってしまうからです。ダラダラ通っても結果がでないまま終わってしまい、お金が無駄になってしまいます。
実際、費用面や通うことが面倒になってしまい断念してしまう人も多いです。

家庭用キャビテーションなら自宅にいれば、いつでも、どこでも、何回でもキャビテーションがおこなえます。
もちろん自分でやらなくてはいけない手間もありますが、家事や育児、仕事で忙しい方はエステから美ルルキャビアップに切り替えています。通う手間と自宅でゆっくりしているときに行えるのが気に入ったポイントのようです。

継続しやすい、ずっと続けられる

毎週毎週、エステサロンに定期的に通う時間がありますか?
費用も施術費用で何十万円もして、交通費も掛かりますがそこまでお金に余裕がありますか?

休日はゆっくり自宅で休みたいのに、エステの予約があるから出かけなきゃいけない・・・
急遽、予定が入ってしまってエステの予約を変更しなきゃいけない・・・
希望の日に予約がとれない・・・・

で、結局行かなくなったっとなってしまうのはもったいないですよね?

だからこそ美ルルキャビアップなどの家庭用キャビテーションのほうが、手軽にいつでもでき、費用も安いので継続できます。
「せっかくエステに行ってもきちんと通えなくて効果が感じられなかった」となるくらいなら、断然こちらのほうが継続できるのでいずれ効果も感じられると思います。

エステに通っているのを誰にも知られたくない、身体を見られたくない

太っている、もっと痩せたいと身体について悩んでいるからこそ、キャビテーションをするですよね?
なのに痩せる前の身体を誰かに見られたいですか?
また、通っていることを絶対に知られたくないということもあると思います。

身体はコンプレックスを抱えてしまうポイントがいくつもあります。あなただけではないので安心してください。

美ルルキャビアップは購入したことは家族にも宅配業者の方にもわかりません。
何も書かれていない茶色い箱に入れられ、送り状の品名も「精密機器」「雑貨」などから選べるからです。そのため買った本人しかわからないようになっているので誰にも知られることはありません。

エステの場合は誰かに見られてしまう可能性があります。
心配して、ビクビクしながら通う必要もないです。

家庭用キャビテーションのデメリット

・エステサロンに比べて効果が弱い

家庭用キャビテーション機器はエステサロンの機器と比較すると効果は低いです。
というのも、エステサロンの機器は『専門の知識を持った人が相手の反応を見て調整しながら使う』ことを想定して作られています。
家庭用キャビテーションは『誰でも好きなように扱える』ため、やり過ぎてしまわないように抑えて作られています。安全面への配慮なのですが出力は弱いので効果が落ちてしまいます。
そこで最近の家庭用キャビテーションは痩身効果を高めるため、『キャビテーション機能』のほかに『RF(ラジオ波)温熱機能』『EMS機能』をつけています。

関連記事
・美ルルキャビアップ機能紹介「RF(ラジオ波)温熱機能」とその効果
・美ルルキャビアップの効果をアップさせるには?

・時間が掛かる

家庭用キャビテーションは出力が弱い分、エステサロンのほうが早く痩せることが可能です。どうしても効果を感じるのにエステより時間が掛かります。また、家庭用キャビテーションのなかにも効果がほとんど出ないどころか肌を痛めてしまうような粗悪品もあります。
美ルルキャビアップは口コミの評価も高く評判もいいですが、効果のスピードはエステサロンには及びません。
すぐにでも痩せたい方にはオススメできません。

関連記事
・美ルルキャビアップはこんな人に向いている
・美ルルキャビアップの口コミと評判

・全部自分でやらなくてはいけない

極端な話、エステサロンはお店に行きさえすれば、すべてエステティシャンの方がやってくれ待っていれば完了します。
でも家庭用キャビテーションは、自分で行えるという手軽さの反面すべて自分で行わなければいけません。美ルルキャビアップはキャビテーションとラジオ波、EMSとすべての機能が同時使えるので時間は短縮できますが、それでも自分で行う必要があります。

さらにキャビテーション後は、より効果を高めるために乳化した脂肪をリンパまで流すのにマッサージが必要です。

キャビテーションをすると脂肪細胞は乳化します。ラジオ波やEMSと同時に使うことで血行が良くなりある程度はリンパへ流れていきますが完全には流れず、その場に残ってしまいます。これを残さずリンパまで流してあげないと身体の外へ排出できないので、キャビテーション後はマッサージをオススメしています。溶けた脂肪細胞をリンパまでを流してあげることで、さらに痩せやすくなります。
絶対に必要というわけではないですが、やったほうがより効果が出やすいです。

家庭用キャビテーションは美ルルキャビアップがイチバンオススメ

当サイトでは家庭用キャビテーションは美ルルキャビアップをオススメしています。
というのも、肌を痛めてしまう粗悪品や効果のない高額品なども多いなかで美ルルキャビアップは効果を感じている方も多く、口コミも好評だからです。
また、定期コースのジェル代が安いのもオススメ理由の一つです。
機器の代金が安くても、ジェル代が高く3ヶ月も使うと、むしろ高くなってしまう商品もあります。
しっかり効果のある商品を安く続けて欲しいので、よく比較して購入されることをオススメします。

⇒TOPへ戻る