家庭用キャビテーション機器の比較

家庭用キャビテーション機器って40万円~1万円程度とかなり価格幅が広くさまざまなものがあります。

肌に毎日当てるのでなるべく信頼できるものを使いたいという思いもありますので、安すぎるのは肌荒れやすぐ故障しないか、本当に効果があるのか不安ですよね。

反対に高い機器は結局エステ行くのと変わらなくなってしまいます。

 

そんな中で機能も十分で値段も手ごろ、口コミも好評な3つの機種を比較してみました。

半年使った場合の費用やそれぞれ独自の機能や防水の有無などメリットやデメリットなどを比較しました。
是非えらぶときに参考にしてください。

家庭用キャビテーション機器の比較表

 

防水なのでお風呂でも使えます!高機能もコスト高!

・キャビスパRF コアEX

キャビスパは、美容に効く「キャビテーション」「ダブル波EMS」「角質層まで届くRF(ラジオ波)機能」の3つの機能を一台で兼ね備えているところです。さらに防水加工により入浴中に使用することも可能です。お風呂で使用できれば身体をより温められるのでキャビテーションの効果を高めながら、湯船につかっている時間で使用でき時間節約になるので子育てで忙しいママに最適です。
また、3種類の中で唯一バストへの使用が可能です。バストへEMSを使うことでハリをアップさせます。
値段は3つの中でももっとも高価ですが各機能のレベルが高く機能差が価格に反映されたかたちです。
キャビテーションの機器としても美容家電としてかなり良い製品となってます。

 

防水なのでお風呂でも使える!初期投資を抑えたい!!

・ボニックプロ

ボニックプロは、「キャビテーション機能」、「RF(ラジオ波)温熱機能」、「可変式EMS」と3種類の機能に加えて、キャビスパ同様防水加工がされています。お風呂での使用が可能ですので、入浴中に使用できより痩身効果が高まります。
また、「HOTモード」と「SHAPEモード」で機能の使い分けができ、まずはHOTモードで温めてからSHAPEモードでEMSとキャビテーションで脂肪を落としていきます。また、お風呂での使用であれば身体を温められるので、SHAPEモードのみ使用することで1時間も使うことができます。
少し時間があるときはお風呂でゆったり身体を休めながら、SHAPEモードで脂肪撃退もいいかもしれませんね。
定期コースであれば、機器の価格が抑えられるので初期費用を抑えたい方にオススメです。



半年後のコストが最も低い!バランスのイチオシ機種!!

・美ルル キャビアップ

美ルルキャビアップのキャビテーションは、1秒間に600万回の超高速振動が特徴です。そこにRF温熱機能とEMSを組み合わせることでより効果が高まるようにし痩身効果が期待できます。
また、エステサロンでも使用されている赤LEDでお肌のスキンケアまで出来るので痩せながら美肌が目指せます。
充電タイプだから場所問わずどこでも使用できますが唯一防水機能がついていませんので、お風呂での使用はできません。ただRF温熱機能はついているので必要な機能は兼ね備えています。
美ルルキャビアップ専用ジェルはかなりこだわってつくられています。7種類の植物エキス配合でお肌に優しく仕上げるために香料・着色料・パラベンは使用しておりません。
半年使用した際の費用も、3台中もっとも安いため費用重視の方に特にオススメです。


⇒TOPへ

コメントを残す