美ルルキャビアップの効果をアップさせるには?

美ルル キャビアップはキャビテーション機能を中心に、効果を高めるためにいろいろな機能がついています。
それでも十分なのですが、さらに効果を高め痩せやすくする方法をご紹介します。

 

キャビテーション施術前にやる事

キャビアップをする前に重要なのこととしてまず「体温の上昇」です。
RF(ラジオ波)温熱機能で身体を温めてくれる機能はついていますが、自分自身で体温を上げておくとさらに効果がアップします。

 

・身体を十分に温める

運動でも入浴でもいいので、身体を十分に温めておくのがオススメです。

しかし、ただ入浴をすればいいわけではなく、汗をかくぐらいしっかりお湯に浸かってください。
これでRF温熱機能が最大限に活かすことができます。

入浴で体温が上がり代謝が向上していると痩せやすい状態になります。
この状態のときにキャビテーションを行うことでより脂肪除去の力がアップします。

 

・キャビテーションを行う前後2時間は食事を控える

キャビテーションで脂肪を破壊したあとは、脂肪が減ったことにより脳がカロリーを積極的に吸収するよう指令を出します。

そうすると脂肪になるよう身体に取り込んでしまいます。
脳が身体を守るために行う命令なので、いつもより吸収しやすい状態になります。
特に炭水化物と脂肪分が特にこの影響を受けるので、一番のオススメは食事が終わった2時間後にキャビアップをするのがオススメです。

また脂肪分は消化に時間が掛かるので、2時間でも消化できません。食べ過ぎないよう注意が必要です

 

・水分を多くとる(ジュースはダメ)

水分は積極的にとってください。
破壊された脂肪がリンパに流れてきたときに、身体の水分が少ないと十分排出できなくなってしまいます。

キャビテーション前後は特に水分補給をしましょう。

 

キャビテーション後にやること

キャビテーションは脂肪を分解し排出しやすい状態にしてくれます。
ですが、それだけではまだ不十分です。
キャビアップで脂肪細胞を壊してもそのままにしておくと、また固まってしまい脂肪やセルライトに戻ってしまいます。
より痩身効果を高めるために、ぜひこれらも行ってみて下さい。

・マッサージ

キャビテーションの後にはマッサージ、特にリンパマッサージが効果的です。
キャビテーションによって流れやすくなった脂肪をリンパへ流しそのまま体外へ排出させないといけません。
これをしっかりとやることで脂肪が固まる前に、体外へ排出できるので目に見えて痩身効果を感じれます。
特に背中やお尻など自分では届きづらいところは誰かにお願いして排出しやすいようにしてください。

 

・水分補給と食事の制限

「キャビテーション前にやること」でも書いてますが、終わったあとはしっかりと水分を取って下さい。
また、食事も身体が脂肪として取り込みやすい状態になっているので我慢しましょう。

 

・軽い運動や筋トレをする

キャビテーションを行うと脂肪が壊され乳化します。
この状態は3日ほど続き、乳化した脂肪がエネルギーとして消費されやすい状態となっています。

ウオーキングや簡単な筋トレをすることで、脂肪がエネルギーとして使われます。
水分を多めにとりながら、運動することでより痩身効果が期待できるのでオススメです。

 

⇒TOPへ

コメントを残す